【初心者必見】タイラバ攻略!必要な道具と基本アクション

タイラバ釣り

春、秋シーズンを迎えるタイラバこの記事では初心者でも簡単に釣果に繋げる方法を今回ご紹介致します!!
※鯛ラバ、タイラバ、鯛カブラと人や地域によって呼び名が複数ありますが、当サイトではこれらの呼び名を「タイラバ」に統一しております。
タイラバとは、鉛やタングステンでできたヘッド(おもり)、ハリスに結ばれた針、スカート、ネクタイの4つのパーツが組み合わさって構成されています。

マダイってどんな魚?

ここでターゲットとして解説する魚は「マダイ」
水深20〜30m以上のエリアに多く生息していることから、陸からではなく船などで狙うことが多い魚です。産卵期(のっこみとも言われている)は春〜初夏にかけてで、春先は特に食味が良いことで知られています。昔から、縁起の良い魚としても重宝されていますよね。50cmを超え、90cmに絡むようなサイズが、ベテラン、ビギナー問わず釣れる夢のあるターゲットでもあります。

マダイの生態

マダイは基本的に雑食性であり、エビやカニなどの甲殻類を好んで食べる時期もあれば、イワシなどの小魚も食べます。かと思えば、アミなどのプランクトンも積極的に捕食するので、タイラバは、ある意味何にでも見えるルアーだと言えます。基本的に真冬以外は釣りやすく、特に春先と秋はマダイをタイラバで釣るハイシーズンとなります。春先から初夏にかけてが産卵期になるので、大物を狙いたいならその時期が確率が高くなります。秋口はマダイが高活性になるので、数釣りが楽しめるシーズンとおぼえておきましょう。

必要な道具

  • ロッド(竿)基本は7f前後
  • リール(ベイトリールが主流)
  • PEライン0.8号前後
  • リーダー(フロロカーボン)2.5~3号前後
  • ライフジャケット(釣り人の基本ですね!)
  • タイラバ・タイジグ 初タイラバの時は4~5セットあると安心
  • プライヤー(優先度は低め)針が曲がったり、魚を針から外す時に使用!

~初めてタイラバ行く方は海域によって釣れるルアーなど違うことがあるので釣り具の店員さんや船の船長に釣れるルアーを聞いたりしてみましょう~

ロッド

タイラバの専用ロッドにはいくつかの特長があり、基本的にタイラバをキャストするというよりは下に落とすことをメインに置かれています。そして、竿先がぐにゃりと柔らかいソリッドティップと呼ばれる仕様になっています。ソリッドティップ??って思った方もいらっしゃると思います!
よく曲がる柔軟性のある竿先だと覚えておいてください。
そして、ロッドを脇でホールド(固定)しやすいグリップの長さになっていて、なおかつ7f前後(7f→約213㎝くらいです。)の仕様のものが大半です。
また、ベイトリールを装着するベイトキャスティング用ロッドをチョイスしましょう。

リール(ベイトリール)

スピニングリールでやるタイラバももちろんありますが、オススメしたいのはベイトリールと呼ばれる両軸タイプのリールを使うことです。ベイトリールを使う場合は上で解説した通り、ベイトキャスティング用のロッドが必要となります。一定の速度で初心者でもリールを簡単に巻くことのできるベイトリールは、タイラバ初心者の強い味方になるので、初めてこの釣りを楽しむ人には、ベイトロッドとベイトリールの組み合わせをオススメします。

PEライン&リーダー

PEライン
PEラインは同号数のナイロン、フロロカーボンより細くて強いのも大きな特徴です。
PEラインはポリエチレンという化学繊維を何本も編み込んで一本にします。
細いので当たりも他の糸より断然取りやすいです!
その作り方から強度も段違いに強くなります。
リーダー (正しくはショックリーダー)
細いラインはどこかに引っかかったり岩などで擦れたりすると切れやすくなります。
太いラインだとどうでしょう太いラインではルアーは飛びませんし感度は悪いですよね!
岩などに擦れたりしても切れにくいです。細いラインと太いラインお互いの特徴を活かすためにラインシステムというやつを考え付いた訳です。考えた人は天才!簡単に言うと数10㎝~1mぐらいの長さで太いラインを結んで擦れなどに強くしてやろうという考え方です!

タイラバ(ルアー)

初めてタイラバを選ぶ際は誘導式でヘッド・スカート・フックがセットになった「完成品」と呼ばれるものを選びましょう。名前の通りパッケージから出せばすぐに釣りができます。タイラバの重さは基本80g前後を選びます。(水深メートル)=(重さグラム)と言われています。 ←(ぜひ選出基準に…)
カラー(ヘッド・スカート)はオレンジ・レッド・ゴールドが基本になってきます。しかし、タイラバゲームをする地域や時期で使う重さもカラーも大きく変わってくるのも事実。不安や分からない場合は船長さんに「今の釣れ筋」を確認するのが無難です。
タイラバの組み合わせは無限といっていいほどあり、それがタイラバゲームの楽しさのひとつに繋がっています。

↑完成品の商品になっております✨

基本アクション

この4つのポイントを抑えていれば問題なしです!

  1. タイラバを海の底まで落とす
    タイラバという釣りの超基本。まず、船でポイントに運ばれると、船長さんから、仕掛け(タイラバ)を落として良いよという合図がもらえます。合図があるまでは、勝手にタイラバを海に落とさないように。その合図があったら、ポチャンとタイラバを海中に落とし込みます。
    タイは基本海の底にいることが多いのでタイラバを一番下に落としてあげるのが重要です。
  2. 同じ速度でリールを巻く
    タイラバを海の底に着底できたら、可能な限り早い反応速度で、リールの巻き上げを開始します。理想は、着底を感じた瞬間!理由としてはすぐに巻き始めないとタイにルアーを見切られてしまうからです。(タイは賢いです)この感覚は残念ながら、実戦で鍛えるしかありません。
  3. アタリがあっても慌ててロッドを立てない
    ぐるぐると一定のスピードでリールを巻いていると、断続的、かつ細かなタイのアタリが突然手元に伝わってきます。竿をトントンとされている感覚に近いです。明確な魚のアタリなので、そこでびっくりしてロッドを立てたり、巻くのを止めてしまうのはダメ。ビギナーにとってはもっとも難しい一瞬かもしれませんが、そういうアタリがあっても焦らず、一定のスピードでタイラバを巻き続けることが大切です!そうやってタイラバを巻いていると、いつの間にか、断続的なアタリがロッドを伸して抑え込むようなアタリに変化します。あとはやりとりをして水面までマダイを引き上げましょう。水面まで引き上げれば、用意されているネットを使ってランディング(ネットに魚を入れること)するだけ。ほとんどの場合は船長さんがその役をやってくれるでしょう。これらの基本さえ抑えてしまえば、釣果はもちろん、大型のマダイがヒットする確率がぐっと上がります。
    もちろん、ベテランはこれらの基本以外に、さまざまなテクニックを駆使してくるが、最初はそれを覚える必要はありません。木は本からってやつです!
  4. 一定かつ、ブレない姿勢を維持しよう
    タイラバを一定のスピードで巻き上げるコツ、そして来るべきタイのアタリに備えるためにも、ロッドの構え方にも気を配りたいところ。。まず、専用ロッドの場合、グリップエンドが長くとられているので、その先を脇に挟み込み固定します。そして、竿先はなるべく水面に向けて下向きに配します。この状態で、リールを一定に巻いてやることが基本です!
まとめ
  • 基本を押さえれば初心者でも大物をゲットできる釣り
  • 春先と秋はマダイをタイラバで釣るハイシーズン
  • 場所は地元のボート屋任せでOK!
  • 釣り方はタイラバを海の底まで落とし一定のスピードで巻き上げる

コメント

タイトルとURLをコピーしました